ピアノの健康診断でもある調律の必要性を知っておこう

定期的な訪問を受けよう

ピアノ修理 ピアノは定期的にメンテナンスを行わなければ、音がずれてしまうなどのトラブルを招くことになってしまいます。調律を行うことも大切なので、定期的な訪問を受けることができる業者を探しておくとよいかもしれません。

詳しく見る

なぜ音程が狂うのか

ピアノ ピアノの調律は、出荷当時の状態から音程が狂ってしまうピアノを正しい状態に戻し、内部に不具合や故障がないかチェックする大切な作業です。年1回は定期的な調律をおこない、見えないトラブルや音程のズレをメンテナスしましょう。

詳しく見る

定期的な利用

鍵盤 出来るだけ長くピアノを使いたいと考えているのであれば、調律師に定期的にメンテナンスに来てもらうとよいでしょう。最近では自分で訪問の間隔を指定することも出来るようになっているので、希望に沿った対応をしてくれます。

詳しく見る

サービス内容を確認する

演奏 今回ここでは、ピアノ調律を業者に依頼した際にどんな作業をしてくれるのかという基本的な事柄について記述してきました。大まかな調律の各行程の内容や、業者により行ってくれるサービス等についてをまとめています。

詳しく見る

専門技術を学ぶ

ピアノ ピアノ調律の作業は緻密で複雑な技術を必要とするため、専門の教育機関などで理論と技術を基礎からしっかり学ばなければなりません。このような教育機関では、実際に現場で活躍する日のために日々準備を行っているのです。

詳しく見る

楽器のメンテナンス

ピアノ

楽器を大切に扱うために知っておくべきこと

ピアノはそもそも、なぜ音が狂うのでしょうか。原因として考えられるのが、柔らかいフェルトでできているハンマーが劣化することがまず挙げられます。また長時間演奏することで、弦の張力が少しずつ緩んでしまうことも関係しています。また温度差や湿度差によっても狂うことがあるので、ピアノを置く部屋が変わったり暖房器具を近くに置いたりするのが原因になるケースもあるでしょう。引越しで運搬するときの揺れや振動も、音を狂わせてしまいます。こうした原因により音が狂ってしまうのですが、それでは調律をせずにそのまま弾き続けているとどうなるのでしょうか。ピアノは音が狂うと多くの場合音程が低めになってしまいます。あまりにも放置しておくと、いざ調律しようとしてもなかなか音が正常に戻りません。また調律はピアノの内部点検でもあり、それを怠ることは金属部の錆びや虫食いに気付かずに放置することにもなります。錆びや虫食いがひどくなってしまうと、内部機能が破損してしまう恐れも出てきます。演奏するにしても、音が狂ったまま練習していると弾き心地も悪くなります。演奏者も音感が鈍ってくる可能性があり、ピアノ演奏を仕事にしている人にとってはパフォーマンスにも悪影響が出てくるのです。ピアノの機能を正常に保ち長持ちさせるためにも、気持ち良く正しい音感で演奏するためにも、調律をすることは不可欠です。頻度としては、新品であれば1年に数回、弾き慣れたものならば1年に1回が目安です。調律は、人間でいえば体の健康診断のようなものです。かかりつけの信頼できる調律師に定期的な調律をお願いするようにしましょう。