ピアノの健康診断でもある調律の必要性を知っておこう

専門技術を学ぶ

ピアノ

活躍するための準備とは

ピアノ調律の作業は緻密で複雑な技術を必要とするものです。そのため、素人が作業するのは難しく、専門技術を磨いた人に依頼しないといけません。そして、ピアノの調律師になるためには、専門技術をいずれかの方法で学ぶ必要があります。戦後しばらくの頃は、職業として認知されていませんでした。それ故に、育成システムが確立されていなかったので、数少ない調律師に弟子入りしたり、ピアノメーカーで製造の一過程として学んだりという、限られた方法でしか専門技術を磨けなかったのです。調律師になるためにはかなり困難な道のりだったのですが、国内が豊かになって一般家庭にピアノが普及したことで状況が変わってきました。ピアノの普及とともに、調律師の育成システムが確立されてきたのです。大手のピアノ製造メーカーでは、調律師を育成するための学校を設立するようになりました。その後、音楽系の総合専門学校や音楽大学など、様々な教育機関で調律技術を学べる学科が創設され、調律師になるための準備施設が増えてきたのです。専門技術を学べる教育機関は、東京を中心として全国各地に存在します。このような教育機関では、理論と技術を基礎から学び、実際に仕事をする日のために準備を行っています。ところで、調律師になるための教育機関が増えたことで、そこで学ぶ人が増えています。その一方で、昔から行われている弟子入りや、メーカーに直接入社して技術を学ぶ方法も脈々と受け継がれているのです。