ピアノの健康診断でもある調律の必要性を知っておこう

なぜ音程が狂うのか

ピアノ

定期的なメンテナンスの重要性

ピアノは弾いていてもいなくても、時間とともに少しずつ音が下がっていきます。そのままでは音は出ても、とても楽器とは言えない状態になってしまいますので、定期的に音程を正しく整えなければなりません。それが調律という作業です。なぜ何もしなくても音程が狂うのか、仕組みを知らないとちょっと不思議に思うかもしれません。原因は二つあり、一つは内部にある弦にかかっているテンションが落ちることです。鍵盤につながる弦には20トンの力が加わっていますが、それは鍵盤を叩いたときに正しい音程で音を鳴らすための仕組みです。時間とともにそのテンションがゆるむと、鍵盤を叩いても正しい音が出ず、低めに振れてしまうことになります。もう一つは温度と湿度の変化による、部品の拡張と収縮です。温度は金属部分を、湿度は木の部分を常に変化させるため、出荷当時の正しい音からはどうしても狂いが生じます。定期的な調律はこのような不具合を見極め、部品が故障してしまうようなトラブルを未然に防ぐことにもなりますので、とても大切な作業と言えるのです。ピアノは内部が見えない大きな楽器ですので、常に注意深くメンテナスをしていないと、想像もつかないトラブルが起こるケースもあります。例えば中でネズミが巣くっていた、害虫が入り込んでいたなどショッキングな事例もあり、多大な修理費用がかかる場合もあるので注意しましょう。調律師が定期的にピアノの健康診断をしてくれれば、いつでも美しい音色で心をいやしてくれる存在であり続けます。ピアノは最低でも年一回、新品なら年数回、調律をしてあげましょう。